ウェブページ

ザルツブルガークラフト

2013年5月11日 (土)

今日はザルツブルガークラフト(2013.5.11)

今日は雨です。

わたしは雨は好きではありません。

でも植物には必要なもの。畑も雨が降れば水遣りしなくてよいのが嬉しい

ジーン・ケリーの「雨に歌えば」を聞くとちょっと楽しくなってくる。

雨の歌で頭に浮かんだのは、

村下考蔵 「初恋」

井上揚水 「傘がない」

丸山圭子 「どうぞこのまま」

イルカ 「雨の雫」

どれも素敵な恋の歌です。

みなさんの雨の歌ってどんな歌なんでしょう。

今日はザルツブルガークラフトの飾りです。

これは食べ終わった胡桃を接着剤で元通りの形にしてから

飾った物です。

ここではシナモンと丁子というスパイスを使っています。

それにブリヨン、リボン、パール、ビーズ、造花の葉、木の実など。

Dsc00560

Dsc00562_2

Dsc00563

Dsc00568

以前UPしたスワロの子猫ちゃんたち

Dsc00850

 今日届いた「らでいっしゅぼーや」の野菜と果物

Dsc00843


 最後まで観て下さってありがとうございました。

2013年4月23日 (火)

今日のザルツブルガークラフト(2013.4.23)

今日はザルツブルガークラフトです。

この特殊なワイヤーで作る花は金属で出来ている為に、年数が経つと

色あせてくるという弱点があります。

しかし、弱点が役に立つ場合もあって、例えばアンティーク風にシックな感じになってくる

という事もその一つだといえます。

華やかすぎるのが好きでないかたは、年数が重なるたびにいい味が出てきたと

感じるでしょう。

人間も年数を重ねるといい味が出てくる・・・。来月がお誕生日のせいで

こんなことを言っているわけではありませんが・・・。(´,_ゝ`)プッ

今日のは私が貰った可愛いぬいぐるみのお家になっているものです。

Dsc00544

Dsc00543

Dsc00549



見ていただいてありがとうございます。 o(_ _)oペコッ

2013年4月18日 (木)

今日はザルツブルガークラフト(2013.4.18)

みなさんの中には「ザルツブルガークラフト」を御存知の方もいるかと思いますが、

私は教室に行くまでしりませんでした。(リーベン・ブルーメンとも言う)

これは、ドイツのバイエルン地方からオーストリアのザルツブルグ地方に古くから伝わる

クラフトだそうです。

この地方は雪も多く冬が長いので身の回りの木の実やスパイスなどを使って

「ブリヨン」(ブイロンともいう)という特殊なワイヤーで飾り、ブーケ、リース、壁掛けなどの

装飾品を作ったのが始まりといわれているそうです。

Dsc00098

  これはブーケです。

木の実を金色スプレーで染

めたもの、シナモン、ブリヨン

とパールの✿、ピンクの造花、

造花の葉、パールの実などを

使っています。

スパイスの香りのする

ブーケです。玄関のにおい

消しにもなります。

Dsc00520


  これは材料の一部です。

スワロのビーズや天然石、

スパイスもシナモン、丁子など

をよく使いますが、八角、種、

公園などに落ちている木の実

など乾燥したものを使います。

Dsc00519


  中央にある金色の特殊な

ワイヤーが、ブリヨンです。

これで材料を飾り付けます。

Dsc00518


  これは、ブリヨンで作った

ほんの一例です。左から、丁子、

スワロのビーズ、パール。

Dsc00521

  これはリボンで作った薔薇

の花。頂き物についていたリボン

を使ってつくりました。このように

作ったものを生花用のオアシス

に挿していきます。

いかがでしょうか。