ウェブページ

オリーブ

2018年5月26日 (土)

オリーブの受粉は自然にまかせて(2018.5.26)

毎年5月はオリーブの開花時期。開花している2週間ほどの間に受粉します。

地域にもよりますが私のベランダでは5月の上旬までに開花し実をつけます。

今年は開花が例年より遅く雨も降ったので受粉出来るのか心配していました。

というのは、開花時期に雨が降ると花粉が飛ばずに流れ落ちてしまい受粉が

難しいからなんです。



現在はマンションの下階に落ちた花が落ちないよう防虫ネットなどで覆って

いるので中が良く見えない状態。

受粉した実が小さいうちはよく見えません。

一昨年までは100均耳かきのポンポンで受粉していたのを、昨年から

自然受粉にしています。



オリーブをじっくり見ていたら、可愛い実を付けているのを発見しました。

しかもたくさん付けているみたい






P1010723




収穫の秋が楽しみになってきました







P1010726


P1010729








2018年5月14日 (月)

昨日は母の日(2018.5.14)

P1010659





毎年ゴールデンウイーク近くになるとオリーブが開花します。

今年1月に強剪定しその後植え替えも行ったので花芽がつくのか心配でした

が一昨年、昨年以上のたくさんの花芽をつけて昨日開花してくれました。




P1010665




昨年剪定した時に切りとった枝を挿し木にしたものも3本中1本が根付き

ました。

育てている「マンザニロ」「シプレッシーノ」とちらのオリーブが MOTHER 

まだ分かりませんが親孝行に花芽を開花させてくれました。





P1010667




新しいベランダ菜園の仲間





ミニトマト2種類(右はハートとまと)


P1010657


ユーフォルビア(ダイアモンド フロスト)


P1010644_2


P1010644








2017年9月27日 (水)

2017年オリーブの収穫・渋抜き(2017.9.27)

小さかったオリーブの2本の木も大きくなり今年は我が家のオリーブだけで

受粉することができました。

例年公共のオリーブから花粉を紙コップで頂いて人工的に受粉してきましたが

今年は自然な状態で2本の木で受粉し、少ないながらも実をつけてくれました。

これまでは水で渋抜きをしてその後「塩漬け」にしていました。

「あさイチ」という番組で塩水での「渋抜き」を見て今年はこの方法を用いる

ことにしました。




P1010245



1リットルの水に岩塩大匙2杯で塩水を作り、洗って切り込みを入れた実を

浸けて「渋抜き」をするそうです。

オリーブの実には縦に4本の切り込みを入れました。入れすぎも良くないかも

しれませんが少なすぎると渋が抜けにくい気がします。

3日後くらいしたら水が茶色に濁ってくるので塩水を取り替えながら3週間ほど

渋抜きをするそうです。

その後、ピクルスに入れたり、ハーブなどを入れた塩漬けにしたりすると

良いそうです。

少し渋みが残るくらいが美味しいそうですよ。



P1010247







2017年6月 6日 (火)

現在のオリーブです(2017.6.6)

現在のオリーブは径2mm~5mm程度に育っています。

花が一斉に咲かなかったのと自家受粉してしまった実が多かった

のかもしれません。





P1000901_4


P1000901_5



これから先に実が落ちたり育たなかったりすることもありますが

秋にたくさんの実が収穫できるよう楽しみにしています。








友人からお土産にいただいた神戸フロインドリープの「パイカリ」

のプレーンです。

大人のキャラメル味。


P1000890_2





こちらはとらさんが(夫の仮名)が買って来てくれたケーキ。

高野と


P1000893_2


P1000895_2




銀の葡萄と


P1000897_2


P1000891_3





こんなに食べて体重が気になってきています。

我が家の体重計は乗るだけで人を認識できるんですが

家族3人の体重が同じくらいなので認識することが出来ないようで

いつも手動で量ってます。

手動で良いのは・・・シークレットな私の体重が記録されないこと。

( ̄ー ̄)ニヤリ







2017年5月18日 (木)

オリーブの開花(2017.5.18)

(o^-^o)我が家のオリーブは例年ゴールデンウイーク前後に開花します。

開花時には雨に当てないことが大切。

水遣りも花に水をかけないように気をつけます。

雨に当たると花が落ちたり、花粉が飛ばずに受粉できない場合もあるので

鉢なら軒下へ移動させたほうが良いそうです。




開花受粉したオリーブの結実は約一割程度だそうです。

しかもオリーブは自家受粉しにくいのに我が家では毎年1本のオリーブしか

花を咲かせなかったので他のオリーブから花粉を頂いて受粉していました。

今年は育てている2本のオリーブ「シプレッシーノ」と「マンザニロ」が同時に

開花したので初めて我が家のオリーブだけで受粉できます。o(*^▽^*)o




P1000758


P1000756




地植えでない場合、結実したら水はけに気をつけながら表面が乾いたら

水をたっぷり与えて水を切らさないことも大切。

水が足りないと実が大きくならなかったり、実がシワシワになったことも

あるので気をつけて育てていきたいと思います。





トマト「トマト大王」を覗いたら小さな青い実が3個できていました。



P1000765_2


P1000765




ミニきゅうりも順調に育っていました。



P1000768





楽しみに育てています。





2017年4月28日 (金)

オリーブの開花は間近に(2017.4.28)

地中海生まれのオリーブは日当たりが良く温暖な気候を好む植物だそうです。

日本では5月~6月上旬に花を咲かせ、受粉の期間は1週間ほど。

自家受粉しにくい植物なので違う品種のオリーブの花粉が必要になります。

我が家では「シプレッシーノ」と「マンザニロ」2品種のオリーブを育てています。



一昨年までは「シプレッシーノ」だけしか花芽が付いておらず、公共のオリーブ

から花粉をもらい受粉していました。

昨年「マンザニロ」に1本だけ花芽が付き今年は木の全体に花芽が付いたので

今年は育てている2本のオリーブで受粉が出来そうです。



蕾が膨らんで、ゴールデンウィークの頃咲くかしらととても楽しみに待っています。



                                 

                                シプレッシーノ


P1000574



                                マンザニロ


P1000573




挿し木も順調? 新芽が伸びてきました。



P1000571






いつも見てくださりありがとうございます。




2017年4月 7日 (金)

オリーブの新芽2017年は(2017.4.7)

2015年春から育てたオリーブは今年も元気に育っています。

昨年は害虫にも悩まされ全ての新枝の先端を切らざるをえませんでした。

その切ってしまった枝の全てから新たに新枝が出て、花芽も付いて一安心。

今年はどれだけ実を付けてくれるでしょう。





「シプレッシーノ」の花芽



P1000534





「マンザニロ」の花芽





P1000532

































「マンザニロ」の花芽は、昨年4月14日に起きた「熊本地震」の5日後に

初めて花芽を1本だけ付けました。

なんだかそれが被災者の方たちの「希望」のような気がして大切に育てました。

その花芽から4粒の大きな実がとれて今年はもっとたくさんの花芽が付いて

くれました。

どんどん増えて「希望」がたくさん膨らみますように。





P1000530



前回失敗してしまった挿し木ですが今年3月初旬に剪定した際の枝で

再度挑戦して1カ月が経ちました。

見た目は新芽も出て根付いたようなのですが抜いて見る訳にもね。

新芽が出てきても発根していない場合もあるんだって。

新芽が元気に伸びてくるまで待って鉢上げしようと思ってます。


今回は成功して欲しい


P1000532P1000530

2016年10月 9日 (日)

オリーブの実を収穫しました(2016,10,9)

P1000270




オリーブの収穫の季節がやってきました。


2,3日前から薄っすらと色づき始めた「シプレッシーノ」を今年も新漬けに

しようと待っていました。



P1000257



オリーブの木全体に黄色みを帯びてきて、実がぷっくりと膨らんでいたら

新漬けの為の収穫をします。

オイルをとる場合は赤く完熟してから収穫します。


昨年は8個の実を収穫しましたが、1個の実は赤くなりしわしわになって

しまいました。

上の土が乾いてからと思って水遣りをしていたのがいけなかった。

この時期、水は毎日与えないとしわしわになりやすいみたいです。


新漬けにするので赤く熟さないうちに収穫しないと。

さてさて、今年は何個かな?




P1000266


昨年より大きな実がなんと53個も収穫できました

昨年は今年採れた実の1番小さな粒より小さめの実だったのに

今年は出来が良いようです。

早速洗って渋抜きの準備です。

オリーブはかなり渋みがあるのであく抜きをしなければ食べられません。

一粒づつ切り込みを入れて容器に入れ水を10日程入れ替えながら

渋抜きをしていきます。

渋は苛性ソーダなどで抜くと上手に抜けるようですが私は昨年同様に

ナチューラーレ製法と呼ばれる水を何度も換える方法で抜きます。

少し渋みが残るようですがそれも味のアクセントになって美味しいです。



P1000268


切込みを縦のと横のと作ってみました。

どちらが良いのかしら?

包丁にもアクとオイルが付いています。

切り込みを入れると、何とも爽やかで良い香り

フルーツのような香りです♪

切込みを入れた実はペットボトルに入れ水を入れて冷蔵庫で10日間

水を換えながら渋抜きをします。

渋が抜けたらハーブやニンニクなどを入れて塩漬けにします。



P1000275



楽しみだな~


オリーブの収穫期間は10月から12月初旬頃まで。

今年初めて実を付けた4粒の「マンザニロ」の実はまだもう少し小さく青いです。

熊本地震の数日後に花が咲いた「希望」の実の収穫を待っています。











2016年7月15日 (金)

オリーブの摘果

昨日は凄い雨でしたよね。

雷まで鳴ってコワイコワイ  ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

雷や雨も怖いんですが私の場合はもう1つ怖いことがあって・・・

スカパーで録画予約している韓国ドラマが録画されないこと。

アンテナで受信している方の録画予約と回線使っている方の予約の内

アンテナで受信し録画予約の方は、分厚い雲や雷、雪、台風などによって

録画されなかったり、画像が乱れることも多いので心配になります。

韓国ドラマブームは去っても、私の中のブームは未だに続いています。




ところで、今日は前からしようと思っていたオリーブの摘果をしました。

ある程度大きくならないと大きくなる実が分からないので時期が合っているか

分かりませんがこの時期かと思い摘果してみました。



Dsc07932



1つの実の枝に1~2個になるように、また小さいものも摘果しました。



Dsc07935





大きくな~れ~と呪文のように唱えています (*^ω^*)ノ彡

2016年7月 8日 (金)

二子玉川 "OLIVE JAPAN 2016 "(2016.7.8)

二子玉川ライズのイベントスペース「ガレリア」に行ってきました。

今日と明日開かれる ”OLIVE JAPAN 2016”(国際オリーブ マルシェ)は

国内外のオリーブオイルメーカーを集めたものでオリーブオイル好きな人は

勿論のこと業者の人達も集まり賑やかに開かれていました。

トークショー、シェフによる料理ショー、音楽もあり盛り沢山。

世界中の名だたるオイルを試飲してきました。

こんなに試飲してもいいのかしら・・・あはは・・・体にも好いし 



Photo


左から・・・オリーブのグラッセ、オリーブデュカ、

               スペイン「オロ・デル・デシエルト」ピクアル、

               ツナ味オリーブ缶、ブラックオリーブビン詰めを購入。

Dsc07853


イタリアンのシェフ 「奥田正行さん」の茹でパスタと大豆を3種類の

異なった特徴のエクストラバージンオイルで味の違いを味わってきました。

日本ではまだ販売されていないオイルもあり興味深々。

桃の香りのするもの、若草の香りのする苦味や辛味を感じるもの、

総合的にバランスのとれたものの3種類のオイルは全く違う味わい。

オイルによって合う料理も違うらしいです。


”OLIVE JAPAN 2016”詳しくはこちらのサイトで



Nec_0018



二子玉川に来たなら・・・プロトリーフへ

多肉植物のセダム2種類と流木・エアープランツを買ってきました。



Dsc07858




そして購入したオリーブオイルで食べる気満々の私は・・・美味しいパンを



Dsc07856


最後までありがとうございました。

より以前の記事一覧