ウェブページ

サボテン・多肉植物・アボカド

2017年10月 6日 (金)

ハロウィン風多肉の寄せ植え(2017.10.6)

P1010253



育てていた多肉の赤ちゃんで作った寄せ植えです。

100均で買った小さな籠に不織布を敷いて多肉・サボテン用の土を入れて

植えつけました。

同じ種類が多くて少し不恰好ですが100均で買ったカボチャの飾り物をプラス

したらちょっとハロウィン風寄せ植えになりました。




ベランダで育てている「アメジストセージ」と「ニチニチソウ」は元気一杯

切っても切っても花が出てきます。

色も素敵だけど手触りもビロードのようで良いんです。

徒長しやすいのでどんどん切って切花としても楽しんでいます。

特に「アメジストセージ」は切った枝を土に挿して水を与えるだけで根づいて

枯れてしまっても多年草なので翌年芽を出します。

水に挿していても発根するほどです。

2年目はかなり大きくなるので切り戻しが大切ですが虫も全くつかず育て

易い花のようです。

花瓶に活けても水さえ取り替えればとても長持ち。

お勧めです。





Dsc_0017






2017年5月 9日 (火)

多肉寄せ植え&ルピナス(2017.5.9)

我が家のベランダの花は今咲き誇っています。

ベランダの花の手入れをしていたら「ルピナス」の苗に鞘のような物が

出来ていました。





Dsc08571



「ルピナス」は古くは食料・肥料として利用され、日本には明治時代に入って

きたようです。

調べてみると、有毒なものもあるそうなので食用として食べてはいけない

そうです。





今日は多肉植物の寄せ植えを作ってみました。

この時期は多肉植物の成長期にあたるので植え替えに良いそうlです。

冬の間家の中に入れていたせいか徒長して見苦しくなっていました。

多肉の徒長は日光不足水遣り肥料の遣り過ぎ風通しの悪さ

が原因のことが多いらしいです。

徒長してしまったら、間延びした茎を切って土に挿しておくと根が出てきます。

真冬以外は外で育てても大丈夫。夏は半日陰の場所に移動して育てます。






Dsc08575



Dsc08572



Dsc08573









2017年4月 8日 (土)

多肉リースの徒長(2017.4.8)

ネルソル(固まる土)で作った多肉植物のクリスマスリースなどは問題なく育った

ものの徒長して見苦しくなってしまったので解体して次の寄せ植えの素材として

育てることにしました。



P1000470





かなり伸びてきたのでリースの地肌が見えて見苦しくなりました。

枯れた多肉はごく僅かでネルソル(固まる土)でも育てるのが可能なことが

分かりました。

枯れてしまった箇所は、小さなスコップで土ごと取り除き、新たに練った

ネルソルを補充したところに植えればOK

ここまで徒長してしまったら解体するしかなさそうです。

解体した後の土は粘着力が弱くなるので捨てた方がよさそうです。

また、新たな寄せ植えの為に徒長したものは良い長さに切って休ませ、

根が生えて徒長していないものは土に挿して待機させます。

春・秋が成長期のものが多いのでこの時期に植え替えをすると良いそうです。






P1000469



P1000472








2016年11月 6日 (日)

多肉植物でリース(2016.11.5)

前回、固まる土「ネルソル」を使った多肉植物の寄せ植えを作ったものは

枯れることなく順調に生育しているようです。

根の状態が見えないので確実に成長しているとは言えないのが残念です。

そして、育てているうちに感じたことを少し・・・。




① ネルソルは水でよく煉って粘りが出てから使う。

      水遣りの度に小さな粒が落ちてきました。

② ネルソルを固く丸めてしっかりワイヤーでまとめた方がよい。

      植えた植物が多いと土が割れてきました。

③ 植える時、箸などで穴を開けてから挿すと茎が折れにくい。

   茎が折れ易いものは茎に爪楊枝などを添えてワイヤーで固定して使う。

④ 初めての水遣りは10日以上経ってから与えた方が良いと思います。

   特に根のないものはもっと経ってからでも良いと思います。

⑤ 水遣りは土の部分を水に20分くらい浸けてしっかり土に給水させる。

   土に水が浸透し辛いのでしっかり水に浸けないと中まで水が浸透しない。

   10日から1カ月に1度くらいの間隔で与える。(水は過ぎると根腐れに)

⑥ 陽の当たるところで育てる。

   日光は好きです。寒さに弱い品種もありで冬は家の中のほうが無難かも。




そんなことを注意しながらリースを作ってみました。


P1000322


P1000305




ザルツブルガークラフトで作ったスパイスの飾りやパール・ビーズの飾り、

松ぼっくりも加えた初恋オリジナル。

リースの土台はなんと100均のザルを利用しています。

ネットで見た作り方を参考にしました。

イーゼルは、これも100均のものに100均のスプレーのペイントで

色を塗ったもの。

土の重みを考えて真ん中の支え部分は3センチ程カットしてしています。

また、ワイヤー太いものを使って支えの固定とリースの固定をしています。




Dsc08193





全体の色は赤や緑も考えたのですが、多肉リースはクリスマス、お正月が

過ぎても使いたいのでピンク色を基調にしてみました。

今月は友人の紹介で教会主催の「クリスマスリースづくり」講習会に

行く予定です。

友人のお友達がフローラルアートデザイナーの資格を取られて、

今回教えてくださるそうで楽しみにしています。




オリーブ「マンザニロ」の実がようやく色づいてきました。

近々収穫するつもりです。これも楽しみ。



P1000311






最後まで見てくださり感謝します。 







2016年9月 9日 (金)

固まる土「ネルソル」で秋の多肉(2016.9.9)

畑では秋冬の野菜の準備が忙しく、とらさん(夫の仮名)は極小の畑を

借りて秋冬野菜の植え付け中です。

今年は・・ミニ白菜、キャベツ、大根(三太郎・聖護院・おふくろ)、空豆、

ロメインレタス、茎ブロッコリー、赤ミズナ、苺を植えるそうです。





私の方は、まだキュウリもゴーヤも収穫しているので何もしてないの。

ちょっと遅い?まずい?

気にはなっているんですが・・・のんびりしちゃってます。

少し焦りもあるんですが・・・。







今日は最近ネット注文した不思議な固まる土で遊んでみました。

多肉ちゃん秋冬バージョン。

「ザルツブルガークラフト」とコラボの初恋オリジナルです。



P1000195


「ネルソル」というのは固まる土です。


① ネルソルと水を 10:4 の割合で混ぜて20分置く。

② よく混ぜて納豆のような粘りが出てきたら 

③ 直ぐには固まらないので植物を植えたあとは固まってから飾る。

④ 水やりは外の場合はそのままで大丈夫。水が溜まる容器の場合は

      根腐れしないように水をよく切ることが大切です。

      多肉だと10日に1度くらいかな。



* ここで植えた多肉植物は全て発根済みのものを使用しました。

      ネルソルに植えても根は伸びるそうですが、

      切り取ったばかりのものだと腐ってしまうことがあるそうです。

       枯れたり、腐ってしまった場合は、その部分をくり抜いて

       新たにネルソルを団子状に付けた植物を差し込むと良いそうです。

    




100均で買った箱とホームセンターで10円だったベニヤ板をペイント

多肉のこども達も大きく育ってきていたので♪



Dsc08180




Dsc08177



ネルソルに植えました。


P1000205



蓋にはマグネットが付いていたので閉じれば額に入った絵のようになります



P1000204




お菓子が入っていた小さなカゴには♪



P1000207



写真を飾るワイヤーの額には♪




P1000212_2



多肉と「ザルツブルガークラフト」のコラボ。

ワイヤーが少ないので裏面はクルクルワイヤーを巻きつけて

補強しています。

松ぼっくり・リボン・ピンクの実・リボンの薔薇などをプラスしました。

多肉が紅葉してくれば更に華やかになると思います。



クリスマスにはリースも挑戦したいな♪

豪華にパールやスワロも加えればもっと華やかかもしれないと

アイデアが湧いてきます。



余った「ネルソル」で♪

上手く発根してくれるか分からないけどアロマティカスもボール状に

してみました。

100均のワイヤーカゴに「ネルソル」を入れて挿しただけ。



P1000213







最後まで見てくださり感謝します。







2016年8月 2日 (火)

サボテンと多肉のテラリウム(2016.8.2)

テレビで見てから1度作ってみたいと思っていた「テラリウム」

多肉植物やサボテンなど陸上の生物をガラス容器などで栽培・飼育する

ことらしいです。

Dsc08125


家にあるものと、100均で買ったものを用意して作ってみました。

一見がらくた? (* ̄ー ̄*) 

これは、子供がする「ガチャガチャ」1回300円で何が出てくるのかそれも楽しみ

子供たちに混じって「ガチャガチャ」はちょっと恥ずかしい。 (=´Д`=)ゞ

可愛いハリネズミ君?でした。 これも使います♪

Dsc08127



以前は木製のチップや木製のりんごを入れてアロマオイルで香りをつけて

このガラスの容器に入れて飾っていたのですが、その容器が不要になった

ので「テラリウム」に使いました。

「多肉植物やサボテン用の土」の上に飾り用の白い土を敷きました。

100均で買った「オプンチア」の「マーベリック」に、これも100均の流木、

それと「ハリネズミ君」も使いました。

ビンの口が狭いので意外に難しいんです。

水遣りの仕方、タイミングも難しそうですが、チャレンジしてみました。






Dsc08138

ころころ転がっていそうで可愛い



Dsc08131







こちらは、100均で買った電球の形の容器。

上がネジになっていて開けられます。

そこに、白い土を入れて中に100均の流木。多肉植物を入れました。

先程の容器より更に小さなビンの口で難航しましたが完成。

ビンの中の周りについた土は、綿棒を濡らして九の字に曲げて取りました。

こちらの水遣りはスポイドで水遣りかな?



Dsc08134




電球の容器のはトイレに、ハリネズミ君のは玄関に飾りました。

多肉ちゃん達の前にあるのは200円のガチャガチャで買った「かば」。

ちょっとお疲れ気味でぐた~~としてる。 ( ´艸`)プププ 



Dsc08136




最後まで見てくださりありがとうございます。
















2016年6月 5日 (日)

多肉植物の植え替え②(2016.6.4)

多肉植物の成長は個々で異なります。

現在多肉は生育期になるため4月5日に植え替えを行いましたが途長して

しまい見栄えが良くありません。

まだ生育期の今植え替えをするしかありません。



と、またまた多肉を追加して植え替えをしました。



こんなに頻繁に植え替えをしていたらネズミ算的にあっという間に家中

多肉に占領されかねないと危惧しつつ・・・(o^-^o) ま、いいか。



しょうがないしょうがない・・・(^-^;



Dsc06903



4月5日には上の写真のように植え替えをしたのですが、ちょっと物足りなさ

を感じてたんです。

今回は可愛い動物などを置いてグレードアップ。

100均で買った飾り用の砂なども使ってみました。



Dsc07045





                                きのこを置いてみました。

Dsc07572



                                赤っぽい色もプラスしました。

Dsc07551


                               
                                スコップを挿してシンプルにまとめました。

Dsc07558

                               

                                ひょっこり顔を出したガラスのねずみ君。                              

Dsc07566



                                木製のフクロウさんを置いて招福祈願。

Dsc07573



                                道に迷ったこひつじさんを置きました。                              

Dsc07561




                                玄関脇には赤い多肉を多めに使って可愛らしく。

               日中と夜では雰囲気も変わります。

Photo




多肉は種類が多く、どう育てれば良いのかよく分かりません。

成長の速さも違うので何度も植え替えないといけないかもしれません。

またそれも楽しいかも と思う今日この頃です。(v^ー゜)

2016年2月27日 (土)

コチョウ蘭の花が咲きました(2016.2.27)

Dsc06678



一昨年の秋にとらさんの(夫の仮名)退職祝いに頂いたコチョウ蘭は

何の知識も無く育てていましたが早春に4個の小さな鉢に植え替えをし

水や肥料を与えながら1年間育てていました。

今日はその鉢の1つに花が咲いているのを見つけました。

育たないと思っていたので嬉しくて載せてみました。



Dsc06670_2

2016年2月 9日 (火)

アロマティカスの香り(2016.2.9)

Dsc06573


多肉植物って今人気ですよね。

多肉の魅力に嵌ったら抜け出せません。

自宅で簡単に増やすこともできて、お手入れも簡単。

種類も豊富です。

増やすのも簡単なんです。

徒長する度挿し芽にしたり、種類によっては葉挿しもできるので葉が落ちる度

増やしていたら大変なことになりそうです。




今日は「アロマティカス」が徒長して見栄えが悪くなったのでバッサリ

カットして部屋に飾ってみました。

「アロマティカス」は多肉植物でもあるのですが、ハーブでもあります。

最近人気の多肉です。

葉には産毛が生えていて猫の肉球のような、ビロードのような感触。

香りは色んなハーブを混ぜて爽やかで優しい香りにした感じ。

強い香りを嫌う人もこの香りなら好きなんじゃないかしら。

ハーブティーが苦手な私でも美味しく飲めるハーブです。

お料理に香りづけに使ったり、サラダにも使えるそうです。



部屋に飾ったら、部屋中爽やかな香りで朝を迎えることができました。



カットした後はこんな風になっていても新芽が沢山出てきます。

切り取った枝も水につけて毎日水を換えていると根が出てきます。


Dsc06569



Dsc06038











最後まで見てくださりありがとうございます。

2016年1月 4日 (月)

100均のエアープランツ&蘭の花芽&アボカド(2016.1.4)

暮れの忙しい間はベランダ菜園や部屋の植物をじっくり見る機会が無く

手入れも散漫になってしまいます。

お正月に入って出来なかった事をしてみました。



2カ月前に買った100均のエアープランツ3個。

さすがに2.5~6cmと小さいです。

これを買う気持ちになったのは以前ネットで見たコルクのアレンジを少し

真似て作る為です。

材料は小さなエアープランツとワインなどのコルクの栓。

後は、背景用の紙とボンド。

ワインの栓は上部を少しくり抜きます。

其処にエアープランツを挿しこみます。


Dsc06347


額のガラスを取り外し、背景になる紙を入れてボンドで付ければ出来上がり



Dsc06345


エアープランツだから水遣り不要です

もう少しお洒落な額が欲しかったのですが、暮れのセールで

30%OFFの5%引きにつられました。

安いものに弱いんです(笑)

捨てるワインの栓も活かされたのでちょっとだけエコ?




次は胡蝶蘭の手入れです。

一昨年に頂いた胡蝶蘭は昨年3月一鉢づつ素焼きの鉢に入れてミズゴケで

育てていました。

定期的に肥料や水を与えるくらいでしたが花芽が出てきたので花を

咲かせる為の手入れをしました。



Dsc06351



上左2品は花芽を支柱に止めるもので、右が支柱で曲げて使います。

下のペンのようなものは水遣りを知らせてくれるものです。

水が足りていると青色になり、足りなくなると白色になります。

1年ほど使えるそうです。

これで水遣りの時期がよく分かりそうです。

便利なものがあるんですね。



Dsc06401




アボカドは芽が出て20センチ以上に伸びてきたら上を切ったほうが

良いそうです。

そうすると、脇や根元から枝が伸びてくるんだそうです。

葉もない状態が相当続いていたのでもう駄目かと諦めていたら

2本の芽が出てきていました。

アボカドの場合、時期によって成長が止まることがありますが

種の部分が元気なら芽がでてくる可能性があります。

種のしっかりしたものを選んだほうが良さそうです。


Dsc06399



最後までありがとうございました。